最新の記事
カテゴリー
人物紹介
たぼ(中の人)
ロックマン全シリーズのファンです。
座右の銘は「無いのなら 自分でつくろう タボトギス」。

アイリス
ロックマンエグゼの真のヒロイン。
アニメでのCVは仙台エリさん。
ちょっとお知らせ
本館サイトのアドレスがhttp://cocoroco.sakura.ne.jp/からhttp://p2n.main.jp/に変更になりました。
本館サイトへのリンクが404になっている場合は、新URLに置き換えてアクセスしてみてください。
FC2ブログの大型メンテにより、過去記事の「~」などが「?」と文字化けしています。
記事によっては紛らわしくなっているかと思いますが、脳内補正をお願いします。
リンク
管理人とのコンタクト
ご意見などありましたら
こちらからドーゾ。
2009年11月11日
アニメーション

エグゼCoNはほぼ全てピクチャーの表示によってイベントが作られているのですが、
作業量の問題で各シーンはピクチャーの数が少なくなっています。
つまりほとんど紙芝居状態という。

どうせゲーム風にするなら、やはりグラフィックだけでなく動きも魅せたいので
手間をかけてでもアニメーションを導入することにしました。

まずは最初のモニターが出てくるシーンのMISSON COMPLETEをアニメ化することに。

専用のイベントを作って、そこでピクチャーの連続表示を並列処理で実行させれば
簡単にアニメ化できるだろう、と、余裕綽綽で入力してみたら・・・

なんと!
並列処理にも関わらずメッセージウィンドウが表示された途端にアニメが止まってしまいました。


ピクチャーの移動でウェイト0.0などで挟んでも駄目。


調べてみたところ・・・

文章表示中に別に動いている定期的に並列処理するのイベントがある場合、
基本的には文章表示中にも定期的に並列処理するが実行されていきますが、
ピクチャーを操作するイベントコマンドや文章を表示するイベントがありますと、
その別に動いている定期的に並列処理するの処理が止まります。


おーのー!/(^o^)\

これはメッセージまでもピクチャーで表示させるしかないというのか・・・!?

うにゅ神&らてぃ神 ケテスタ・・・(´;ω;`)

ロックマンエグゼCoN | 2009/11/11(水)

2009年11月07日
顔グラ追加

顔グラを色々追加しました。

■ 5DSの熱斗の顔グラ(私服)



これだけでも多いのですが、漫画版の表情を再現するには十分ではないので
ちょっと弄ってそれらしい顔グラを自作。

■追加Ver



血が付いてるのは第5話の最初のシーンで使う予定。
他にももっと追加することになると思いますが、ひとまずここまで。




フェイスガードを付けたロックマンも用意してみた。
ヒビが入ってるのは第4話で使う予定。


実際に使用した所の一部。

■日本語版
 

■ English Ver.
 

英語だと文字数が多くなるから、ウィンドウ一つに納まり切らないセリフも多そうだ・・・。

ロックマンエグゼCoN | 2009/11/07(土)

2009年10月13日
戦闘システムのTODO

■実装完了したこと



(背景スクロールしてます)

・カスタム画面を表示
・カーソル移動(アニメーションしてます)
・「OK」で戦闘開始
・エリア移動(アニメーションします)
・バスター
・カスタムゲージ
・ファイアーマンのアニメーション(カスタム画面では停止)

■TODO
・カスタム画面でチップの選択/キャンセル
・チップアイコンなどの追加
・それ以前にフォルダの追加
・フォルダからランダムでチップを選出しカスタム画面に表示させる命令
・チップそのもの
・ロックマンのHP
・敵の行動パターン
・敵のHP
・ロックマンのダメージ判定
・敵のダメージ判定

■導入しないこと
・ADD
・戦闘中の一時停止

■検討中
・カスタム画面で表示させるチップの枚数

フォルダ、チップ、敵の行動、ダメージ判定で死にそう。
完成はいつになるか全く予想できませんが、出来る限りがんばります。

ロックマンエグゼCoN | 2009/10/13(火)

2009年10月13日
エグゼCoN制作メモ8 - カスタムゲージを作成する

エグゼの戦闘システムを再現するにあたって必要な物のひとつ、
「カスタムゲージ」。

ピクチャーを平行移動させながら段々表示させるイベントは
今まで画像を二枚使ったスライド方式しか使ったことがなかったので
再現に苦しみましたが、なんとか再現することができました!

以下その解説。





実行内容の画面はこんな感じ。

execon_custom_ivent.gif

カスタムゲージのイベントは個別で並列処理されてるイベントなので
ウェイトさせてもロックマンの操作などには影響ありません。
あくまでこのカスタムゲージイベント自体(のみ)をウェイトさせているというわけです。

「移動にかける時間」を弄れば速度も調整可能です。

このイベントとは別に「移動にかける時間」を変更した同内容のイベントを作り、
実行条件(フラグ)を設定すれば、クイックゲージ・ヘビーゲージも実装可能。

で、溜まったら後はゲージが溜まった後のアニメーションを並列処理で実行させて、
それと同時に「カスタムゲージが溜まったから、ボタンを押せばカスタム画面を開けるよー」という
キー判定などのイベントを開始させる、と。

キーの設定ですが、
Z(決定キー)でチップ、X(取り消しキー)でバスター、Shiftキーでカスタム展開
・・・にしました。

ポーズ(一時停止)はたぶん実装しない・・・かな。
キー入力待ちのウェイトでなんとかなりそうだけど、特に必要無さそうだし、手間も掛かりそうだし。


ロックマンエグゼCoN | 2009/10/13(火)

2009年10月11日
ええい、こうなったら

前回出したTODOの状況

・顔グラを増やして表情をつける
完了。

・できる限りピクチャーを増やしてキャラなどをアニメーションさせる
作業量が果てしなく多くなるので無理。

・ピクチャーの色調を変化させて場面にあった画面効果を付ける(火事なら色調を赤くするなど)
完了。

・文字の表示速度をゲームと合わせる
完了。

----------------------------

とりあえず、第一話のシナリオ部分は大方仕上がった。
後は戦闘部分・・・。

何回もテストプレイしてて思ったけど、
やはりツクールの戦闘システムでエグゼを再現するのは無理がある。
必ずロックマンの向きが反転してしまったり、
「チェンジ」が削除できないので、それを選択するとロックマンの位置がずれたり。

それっぽくなればいいやと割り切るつもりだったけど、流石にこれは酷過ぎる。

・・・よって、戦闘システムを自作することにしました。
流石に制作開始からこれだけ時間が経ってれば知識も増えてるし(笑)
できるところまでやってみようかなと。

それでも駄目だったら、戦闘自体削除の方向で。

ロックマンエグゼCoN | 2009/10/11(日)

2009年10月06日
顔グラ色々

キャラクターに表情を付けるため、顔グラを色々用意しました。

熱斗やロックマンなどのメインキャラは、5DSのをそのまま流用できますが
その他のキャラは自前で用意しなければなりません。

とりあえず第一話分は全員分用意できました。


その一部を貼ってみる。



エグゼ6のまり子先生。
これだけだと足りないので・・・。





色々追加。



変更前





変更後



などなど。

やっぱり表情が付くと盛り上がりますね。

ロックマンエグゼCoN | 2009/10/06(火)

2009年10月06日
エグゼCoN制作メモ7 - ピクチャーだけをフェードさせる

忘れそうなのでメモ。

通常、ピクチャー(番号1)の上にもう一枚ピクチャー(番号2)を重ねて表示させると
一瞬でピクチャー2が表示される。

これをフェードさせながら表示する方法。


まずフェードさせたいピクチャー(例として番号2)を透明度を上下100%で表示させる。
(この時点ではまだ実際の画面上には表示されていない)

次にピクチャーの移動で番号2を指定し、
透明度を0%、移動にかける時間を0.5秒(任意)、移動が完了するまでウェイトと設定する。

以上。


これだけで、ピクチャーだけをフェードインしながら表示させることができる。
一瞬ではなく、フワァァァ・・・と表示させたい時に使えるテク。

ロックマンエグゼCoN | 2009/10/06(火)

2009年09月30日
データ復活&TODO

Soundデータが無くなって落ち込んでいましたが、
ノベルネットワークの方に同じものがあったのでコピーして復活できました!

とりあえずこれで元通りかな。

以下TODO
・顔グラを増やして表情をつける
・できる限りピクチャーを増やしてキャラなどをアニメーションさせる
・ピクチャーの色調を変化させて場面にあった画面効果を付ける(火事なら色調を赤くするなど)
△文字の表示速度をゲームと合わせる

ロックマンエグゼCoN | 2009/09/30(水)

2009年09月29日
うごきアリ

データが吹っ飛んで更新を停止していたCoN・・・。

しかし、せっかくサイトの一コーナーにしたのだから更新したい。
そんなわけで、制作を再開するためにソフトを起動。

結局今日は確認のためのテストプレイしかできなかったので、
本格的に着手するのは明日からかな。

ロックマンエグゼCoN | 2009/09/29(火)

2007年12月09日
エグゼRPG制作メモ6 - グラフィックの自作

ゲームのピクチャーに使用するグラフィックは基本的に
シリーズ1~3のものを使用していますが、
どうしても、再現したいシーンに足りないグラフィックが出てきてしまいます。
足りないグラフィックは自作しなければなりません。

例えば第2話の、ナビがバスターを撃つシーン。



実際にゲームで使われているグラフィックで再現するには
これを使うしかありません。
このままチャージ音を付けても、どちらが撃とうとしているのか分からないので
自分で描き加えて、以下のようにしました。



これなら大丈夫。だと思う。

こういう描き換え程度なら簡単ですが
新規でゲームに近いグラフィックを作成するのは結構大変です。

早速その問題に行き当たったのは、ロールの登場シーンの辺り。



これでは違和感があるので、4.5などを参考に正面のグラフィックを作成。



そうすれば




こんな感じに自然になります。
(セリフはスクショを撮るために飛ばしてます)

第2話ではファイアマンの登場するシーンが多いので
作成が必要なグラフィックも多くなりそうです・・・。
なにせゲームでは斜め立ちのグラフィックしか用意されていませんから・・・。

これから先どんどん自作が必要になってくると思うので
制作ペースがダウンしそうです。(気力と腕の問題)

ドット絵職人を募集したいところですが
こんなところで告知しても人は集まらないと思うし、
ただの自己満足なので、なんとか頑張ってみようと思います。

ロックマンエグゼCoN | 2007/12/09(日)

前へ 次へ

  1. 無料アクセス解析


管理人:たぼ