最新の記事
カテゴリー
人物紹介
たぼ(中の人)
ロックマン全シリーズのファンです。
座右の銘は「無いのなら 自分でつくろう タボトギス」。

アイリス
ロックマンエグゼの真のヒロイン。
アニメでのCVは仙台エリさん。
リンク
管理人とのコンタクト
ご意見などありましたら
こちらからドーゾ。
2017年09月23日
あのゲームやこのゲームが携帯できる夢のマシン「GPD WIN」購入!



3DSかな?





GPD WINでした!!


…というわけで、結構前に発売となった、
知る人ぞ知るUMPC、「GPD WIN」を購入してみました!

最近では、国内の家電量販店での取り扱いも始まるというニュースが
大手ゲーム情報サイトにて報じられていたので、気になっている人もいるかと思い、
当ブログでも記事にすることにしました。

とはいえ、情報のほとんどは他サイトさんが詳しく紹介してくださっているので、
ちょっとした感想を書き綴るだけの記事になるかと思います。

長いので記事を折りたたんでおきます。(検索から直接来た方はそのままドウゾー)

購入は国内の通販サイト「赤札天国」さんから。

GPD WIN Z8750 Windows 10 4GB/64GB Gamepad Tablet PC - 赤札天国

CPUがZ8700のもの、Z8750のもの、
同じくZ8750で天板がアルミのものの3タイプあり、
それぞれ価格が異なるのですが、少しでもスペックが高い方が良いかなと
Z8750の非アルミのものにしました。

アルミの方は天板とスティックの素材等、ガワの違いだけでシステム的な変更は無いそうです。
アルミだと価格が3,000円程高くなるのと、別記事にて紹介予定のカバーが付けられないため非アルミに。

前述の家電量販店やAmazonでも購入可能ですが、こちらの方が安く購入できます。
海外の通販サイトなら更に安く購入することも出来たのですが、
早く触れてみたかったのと、何かあった時のやりとりが心配だったので。

こちらのサイトも購入後のサポート(保証内容)等、不安な点もあったのですが、
まあなんとかなるだろとポチりました。
午前中に注文して翌日到着。速い!
(今回が初めての利用かと思っていましたが、だいぶ前にiPegaを購入してました…)


写真はあまり撮っていないので、本体の外観は上記リンク先等を参照くださいm(_ _)m


高級に見える化粧箱に入ったピカピカのGPD WIN。
本体の他に、USB TYPE-Cの充電ケーブル&ACアダプタ、
イヤホン、液晶保護シート、簡単な説明書(日本語もあり)が入っています。

まずは保護シート貼り。
ブロワーとセロテープを使い、気泡が一切ない綺麗な状態で貼ることができました。
付属の保護シートは透明度が高いですが、反射を抑えたい方は別途購入すると良いでしょう。


電源を入れると、GPDのロゴの後すぐにWindows 10が起動してデスクトップ画面が映りました。
5インチの1280×720のため、前情報で小さいということは知っていましたが、
実際に見た感想としては、「思っていたよりは大きい!」でした。

赤札天国さんの方で起動チェック等が行われているため、
初期セットアップは済んである状態でした。(ユーザー名はuser)
一応シリアルは箱にシールが貼ってあるので再セットアップもできます。

2017年3月以降のモデルとなるので、
ジョイスティックファームウェアは1月に公開されたV23が当てられていました。

右のアナログスティックでマウスカーソルを動かして、
L1ボタン/L3ボタン(キーボードの方にあります)で左クリック、
R1ボタン/R3ボタンが右クリック。
マウスカーソルはスティック倒しっぱなしで加速するので使いやすいです。

液晶はタッチパネルにもなっているので、
フォルダ内の操作はアイコンを大きくしておけばタッチでサクっと操作できます。
ただ、指紋が気になるので、極力マウス操作で。もしくはタッチペンで。

以下、箇条書きにて気になった点などまとめていきます。

・L1、L2、R1、R2ボタンはクリック感があるものの、トリガーかのようにグラつくので壊れそうで心配

・十字キーがニンテンドーDS Liteのようにフニャいので気になる人は気になる

・A、B、X、Yボタンは薄いが押し心地は良い。ボタンを押下後放した時のパチッという音が気になったが慣れた

・スティックはPS Vitaと同じものが使われている(らしい)。操作性良し。押し込みはないため、キーボード側にあるL3、R3ボタン(キー)を使う

・キーボード部分はキーの小ささ自体は問題なかったが、キーが硬いため高速での打ち込みには不向き

・本体裏のスイッチによりファンの動作を切り替え可能で、音は最大にしていても特に気にならない

・スリープから復帰できない問題が報告されているが今のところ発生していない

・USB3.0の端子が硬く(?)抜くのに苦労した事があった(無理に端子に力を掛けたくなかったため)

・バッテリーの残量表示(残り時間)は充電する度に大きく変わるので当てにならない

・64GBのストレージは3Dゲームを入れると本当にあっという間に無くなる。軽めの2DならUSBメモリ無しでも余裕


キーボードは塗装が剥がれたという報告も上がっているので、あまり酷使しない方が良さげです。

ボタンについては、概ね良好ですが、L1~R2ボタンが気になります。
実は割りと丈夫な作りだったら良いのですが…。

バッテリーはとりあえず電池マークとパーセンテージで大体の判断をしています。
残り少なくなったら自動でスリープになるので(経験済み)大丈夫…?


で!肝心のゲームですよ!




これが携帯機版「Mighty No. 9」だ!!

こちらは2016年リリースのグラフィックが3Dの横スクアクション。
設定の変更でぬるぬるに動きます!


DSC02383.jpg

設定はこんな感じ。



液晶が小さいので設定を下げても気にならず、綺麗に見えます。





「ロックマンX8」も携帯可能に!!


グラフィックが3Dの横スクアクションゲームですが、
10年以上前にリリースされたものなので、最高設定でもぬるぬるです!


写真に撮っていませんが、Saints Row IVも試しました。

比較的低スペックでも動作するセインツ4。
アットウィキの動作表のコメント欄に快適と書いてあったので期待していたのですが、
キャラクター(動くオブジェクト?)が多い道に出るとFPSが落ち込む結果となりました。

基本的に複数のキャラが出てるシーンが多いゲームなので快適とは言えません。
カメラをオブジェクトがあまり映らない地面に向けたりすると軽くなりますが…。
「遊べなくは無いが"快適"とは言えないレベル」でした。

Steamのゲームに関してはインホームストリーミングという機能が使えますので、
どうしてもGPD WINで遊びたい場合は、快適に動くPCで起動して、
ストリーミングで遊ぶのが良いでしょう。本体のストレージ的にも。

そして、個人的に一番やりたかった事……




自作ゲームも携帯できるように!

ありがとう…ありがとう…。

もうこれだけで満足です。


ちなみに画像で金網のようなものの上に乗っているのは、
下からUSBファンで熱対策を施しているためです。
バッテリー膨張が怖いので、おまじない程度に。

次の記事では、GPD WINに無敵の装備が…!?
関連記事

ソフト/ツール/改造/PC関係 | 2017/09/23(土)





    管理人:たぼ