最新の記事
カテゴリー
人物紹介
たぼ(中の人)
ロックマン全シリーズのファンです。
座右の銘は「無いのなら 自分でつくろう タボトギス」。

アイリス
ロックマンエグゼの真のヒロイン。
アニメでのCVは仙台エリさん。
ちょっとお知らせ
本館サイトのアドレスがhttp://cocoroco.sakura.ne.jp/からhttp://p2n.main.jp/に変更になりました。
本館サイトへのリンクが404になっている場合は、新URLに置き換えてアクセスしてみてください。
FC2ブログの大型メンテにより、過去記事の「~」などが「?」と文字化けしています。
記事によっては紛らわしくなっているかと思いますが、脳内補正をお願いします。
リンク
管理人とのコンタクト
ご意見などありましたら
こちらからドーゾ。
2012年10月13日
9月~10月(今日まで)で購入したものまとめ

最近購入したゲームのちょっとした感想まとめ。

Play Station Vita
Wi-Fi版の白。
白だと指紋が目立たないのがイイ。
前面には全体を覆う保護シートを貼ってます。
画面大きい。画質凄い。タッチパネルとマルチタスクでサクサク。右ステ便利。
ボタンとスティックの干渉は、私の指が細いからか気になりませんでした。
メモリーカードは8GBにしましたが、ソフトは基本Vitaカードの方で買ってるので
今のところ容量には困ってません。

グラビティデイズ(PSVita用ソフト)
このためにVitaを購入したようなものです。
やたら評価が高かったので気になっていたのですが、
実際にプレイしてみたら本当に面白い!
Vitaの機能をしっかり活かしてるアクションゲームで、
重力を操って空を飛んで広いマップ(街)を探索したり、自由度も高いです。
主人公のキトゥンちゃんもプレイしてから大分印象が変わりました。
まだクリアはしてませんが、評価に違わぬ良ゲーで良かったです。

忍道2 散華(PSVita用ソフト)
主人公のゼンを操作して、様々な任務を遂行していくステルスゲー。
忍者ということで動きは身軽で、敵に気配を察知されずに暗殺していきます。

ストーリーはあるのですが、基本的にいくつか用意された選択肢(任務)の中から
自分で選んで進めていくので、私があまり好きではないタイプでした。
ゲームを進めていくにつれて使える技も増えてくるので、後から面白くなるかも?

ULTIMATE MARVERL VS. CAPCOM3(PSVita用ソフト)
これは既にPS3でもプレイ済みなんですが、どこでもプレイできるということで。
Vitaでの操作は慣れればそこまで問題無いかと思います。
Vitaで追加されたタッチ操作を使うと、画面をタッチするだけで
基本コンボから必殺技まで繋げてくれます。
タッチ操作である程度コンボを繋げた後、自操作で変化を付けることも可能。これほんと凄い。

ちなみにPS3版で購入したコスチュームは、Vita版でも再ダウンロード可能です。

ネットワークは、国内は全くいませんが世界に設定を変えれば
まだ結構プレイしている方はいるので対戦には困らないと思います。
ただネットワークだとタッチ操作を受け付けてない部屋があるので、
しっかり自分でコンボを出せるようにしておかないと痛い目をみます。(私です(笑))

動作サクサク、画質も綺麗で、買って良かったです。

真・三國無双 NEXT(PSVita用ソフト)
体験版をプレイしてみたら面白かったので、久々に戦国ではなく三國の方を購入。
登場キャラやアクション自体は無双OROCHI2で大体知ってたのですんなり入れました。

ストーリーモードでは各軍の武将を操作して各地を統一していく内容で、
好きな武将で始めて、専用のストーリーを進めていく形ではありません。

軍と地域によって操作できる武将が変わるので、
好きな武将を使える機会が少ないのが残念でした。
おまけに体験版で使えた「趙雲」と「甄姫」が使えるのは後の方という。

戦闘に関しては、今作ではRボタンで「チェイン攻撃」という技が使用可能で、
攻撃後の隙を無くすことができます。
ゲージを消費しないので、武将によってはこれによって敵をはめることも可能。
今作は武将を倒して勝利するのではなく、
ステージ内の各拠点を制覇していくことで勝利になるので、
条件によっては面倒なものもありますが、
敵をバッサバッサと倒せるのであまり苦では無かったです。
敵の表示数もVitaになってPSPの作品等と比べるとかなり多くなってます。

オンラインにも対応していますが、
プレイヤーのエディット武将(後述)のデータを受信してCPU化されるので
リアルタイムに繋がるわけではありません。

エディット武将は顔のパーツとボイスは少ないですが、防具は多い…かな?
カラーはカラーバーではなく何色か用意されているものから変更可能。

三國は久々でしたが、なんだかんだで楽しめてます。

タッチ操作によるミニゲーム的なものは確かに蛇足でしたね。
カメラはスティックでも操作可能でしたが、
炙り出しは背面タッチを使わないといけなくて面倒でした。

好きなキャラが結構いるので、戦地でキャラチェンジが可能だったら良かったのですが…。
無双OROCHI2がVitaで出ていれば…(´・ω・`)


ニンテンドー3DS LL
VitaやDSiLLの大きさに慣れてしまって、
普通の3DSの画面が小さすぎるように感じて耐えられなかったので購入。
3DSはこれで三台目です。(内一台はドコモポイントでタダ)
本体色は白で、上下液晶に保護シートを貼って、
本体外側にはやわ硬カバー(クリア)を装着してます。
カバーを付けると持った感じ結構厚くなるので、シートにした方が良かったかも?
安全性を考えるとカバーの方が安心できますがー。

手持ちのゲームを色々起動してみましたが、本当に大迫力!
画面が大きい分立体視も体感しやすいです。
画面から飛び出してるくらいに体感したのは初めてかも。
液晶が黄色くなってたりだとかは全く無く、
画面が大きくなったことによる粗さも気になりませんでした。むしろクッキリしてて綺麗。

ただ、互換機能によるDSソフトの表示は、ぼやけが目立つので、
そちらは素直にDSiLLでプレイした方が良いです。
ドットバイドットは普通の3DSよりは大きくなりますが、やはり余白が気になるので。

ボタンに関しては、十字、スタート、セレクト、HOMEがばっちり押しやすくなってます。

本体の重さは結構あるので、寝転がりながらのプレイには向いてないですね。
座ってひざの上やテーブルの上に手を置いてプレイすると良い感じです。

一度LLの大きさを体感したら、もう普通の3DSには戻れません(笑)

閃乱カグラBurst(3DS用ソフト)
前作から気になってはいたのですが、
未来ちゃんが自キャラとしては使えないとのことで購入を見送ってました。
しかし今作ではついに自キャラとして使えて、更に前作も丸々収録されてると!
更に更に、予約特典で未来ちゃんが表紙の設定資料集が!これは買うしかないと(笑)

前作の「半蔵学院編」と今作の「蛇女子学園編」の二つのストーリーを
いつでもプレイできるので、まずストーリーを把握するために半蔵学院編から進めてました。

ゲーム内容はファイナルファイトのような
ベルトスクロールアクションとADV(読み物)を合わせた感じ。

戦闘ではかなりコンボが繋がって爽快ではありますが、
単調になりがちなので、キャラ萌えできないと飽きが早いかも知れません。
各編5章ずつあるのですが、半蔵学院の4章目で早くも飽きが…。
現在積みゲー化されてますが、そのうちまた進めるつもりです。

PROJECT X ZONE(3DS用ソフト)
シミュレーションRPGは普段全くやらないんですが、丁寧に作られていてどハマリしました。
戦闘は言ってしまえばタイミングゲーですが、アクション要素が強く、ドットが綺麗なので
ドットとアクションが好きな私好みな内容でした。
この面白さは実際にプレイしてみないと分からないかも。

トロン様がUマヴカプ3でコブン42号にしたセンチネルのことを忘れてなかったり、
何かとネタが細かいので、知ってる作品が多いほど楽しむことができます。

-----------------------------

その他購入した物

ガチャフォース(GC用ソフト)
まさかの三千円台だったので衝動買い。

ゲームボーイミクロ(ブラック)
念願の黒!傷無し美品で三千円でした。
最近見かけなくなってるので嬉しかったです。
ちなみにこれで三台目。(ファミコンカラー×2)

バイオハザード6(PS3版)
感想は後日!とりあえずレオン編、クリス編はクリア済み。
関連記事


ゲーム全般 | 2012/10/13(土)



  1. 無料アクセス解析


管理人:たぼ