最新の記事
カテゴリー
人物紹介
たぼ(中の人)
ロックマン全シリーズのファンです。
座右の銘は「無いのなら 自分でつくろう タボトギス」。

アイリス
ロックマンエグゼの真のヒロイン。
アニメでのCVは仙台エリさん。
リンク
管理人とのコンタクト
ご意見などありましたら
こちらからドーゾ。
2012年01月04日
「SD-USB2CUP4」でゲームのスクショを撮る!

PS3の「無双OROCHI2」のギャラリーには壁紙があるのですが、
PS3の壁紙ではなく、ゲーム内のロード中の待ち受けにしか使用できないので、
それなら映像をキャプチャーしてしまおうと。

ノートPCなのでキャプチャーボードではなく、USBタイプのものを探していたら
SD-USB2CUP4」が見つかりました。


Amazonのレビュー
では低評価がいくつか入れられていますが、
購入者の使用環境の問題がほとんどで性能とは関係ないようです。

D端子ならコンポジットよりはマシということで、
コレだけ D端子ケーブル」と「D端子中継プラグ」と合わせて購入。

コレだけD端子ケーブルは、これ一つでPS3、PS2、Xbox360、Wiiに接続出来て、
スイッチで簡単に切り替えることができます。

D端子中継プラグは、SD-USB2CUP4の方のケーブルがオスしかないので
オスオス同士のケーブルを繋ぐために必要です。

…で、全て届いたので早速試してみました。

まずはSD-USB2CUP4に付属のCDからドライバをインストール。
インストールしたらPCのUSBポートにSD-USB2CUP4本体を挿します。

予めダウンロードしておいた「アマレコTV」を起動し、色々設定。

2012y01m04d_023530500.gif


PS3の方はまず別のディスプレイで表示させておいて、
設定画面でD端子に設定してからすぐにD端子ケーブルを挿します。

するとアマレコTVの方に画面が映し出されますが、
画面がぶれてまともに見れない状態になります。

なんとかその画面のまま、「はい」を選択し、
画面のサイズを480pに設定すると正常に映し出されるので、
後はプリセットなどでゲーム別に表示に関する細かい設定をして行きます。

2012y01m03d_200924984.gif

こんな感じで登録しておくと、F1キーなどで簡単に表示を変更できます。
明るさなどは、[▼メニュー]→[ビデオデバイスの設定]の[画像の調整]から。


以下スクショ。
JPGですがBMPで撮ったものを最高品質で変換した後、
JPEGminiで画質をほぼそのままに容量だけ軽くしてあります。

amarec20120103-183130_mini.jpg

PS3の「無双OROCHI2」の画面です。
初期設定ではマップなどの表示がぶれていましたが、
デインターレースの処理モードをロールプレイング用にしたらばっちり改善されました。

サイズは720x480までで、それより大きいサイズはこのサイズを基準に拡大されます。


続いてWiiですが、Wiiの本体設定で画面の設定を
「プログレッシブ」にしておかないと起動した直後から映像がぶれてしまうので、
予め別のディスプレイで設定しておく必要があります。


amarec20120103-194503_mini.jpg amarec20120103-194509_mini.jpg

バーチャルコンソールの「ぷよぷよ通」の画面です。
かなり良い感じ。




Wiiウェアの「ロックマン10」でs…ってうわああああ。
画面が凄くぶれちゃってます…。

Wiiの他のソフトでは問題無かったのですが、
ロックマン9と10だけぶれてしまいました。

ソフト内に画面の設定があるわけでもないので、どうしたものか…。
と、解決方法が分かりました。

ロックマン9、10をプレイする時だけ、アマレコTVの「入力切替・チャンネル」を
「SerialDigital」から「YRYBY」に変更すれば正常に表示されます。

先ほどのプリセットの中でもロックマン用に登録していたり。


amarec20120103-202045_mini.jpg amarec20120103-202100_mini.jpg amarec20120103-201914_mini.jpg

改めて、Wiiウェアの「ロックマン10」です。
これも良い感じ。

先ほどの[画像の設定]から[鮮明]の設定を変えれば、
もっとやわらかい表示にすることもできます。


ama_rockman10.jpg

アスペクト比をウィンドウに合わせるようにすれば
こんな感じに等倍で表示させることも可能!
(アマレコTV本体ごとスクショが撮れなかったので直撮り)


以下はデジカメによるディスプレイの直撮り。
光の加減とかで明るく表示されたり色が変わってるように見えますが
実際は普通に表示されてます。

DSC00082_mini.jpg DSC00083_mini.jpg
左がHDMIで右がD2。(24インチに1920x1080のフルスクリーン)

PS3の方はHDMIに慣れてると流石にフルスクリーンで表示したら荒く感じますが、
そこまで酷い感じではなく「まあ、こんなもんかー」ってレベルで、
プレイには特に問題ありませんでした。


DSC00085.jpg

接続元の13.3インチのノートPCで
1280x800のフルスクリーンでは普通に見れるレベルでした。
ただ、液晶自体が小さいので、FPSやセインツなどの
敵に向かって細かい操作が必要になるゲームには向いていないかも。


DSC00086.jpg

24インチのディスプレイはノートPCのデュアルモニタとしても使いますし、
PS3やXbox360のゲームをプレイする時にも使うので、
PCを起動しながらゲームをすることが多い私には嬉しい環境となりました。

ゲーム用のディスプレイの購入も考えていましたが、
大きいほど場所を取りますからね。
この冬は電気の方も心配ですし。


心配していたラグも殆ど感じませんでした。
格ゲーと音ゲー以外ならラグを体感することは無いかも。
この辺はPCのスペックに関係するらしいです。
詳しくはメーカーの公式ページを参照してください。

そもそもPCの画面でプレイするためではなく、
スクショを撮るために購入したんですけどね!



amarec20120103-205602_mini.jpg

無事目的も果たすことができました。


画質をあまり気にしなくてノートPCでゲームの映像を映したいという方にはオススメです。
torneを起動すればテレビ番組のキャプも撮れるし、
ビデオデッキを繋げればVHSをPCに取り込むことも出来ます。(時間は掛かりますが)


【ブログ内関連リンク】
「DN-PPHVC628H」で更に綺麗なスクショを撮る!
関連記事


ソフト/ツール/改造/PC関係 | 2012/01/04(水)





    管理人:たぼ