最新の記事
カテゴリー
人物紹介
たぼ(中の人)
ロックマン全シリーズのファンです。
座右の銘は「無いのなら 自分でつくろう タボトギス」。

アイリス
ロックマンエグゼの真のヒロイン。
アニメでのCVは仙台エリさん。
ちょっとお知らせ
本館サイトのアドレスがhttp://cocoroco.sakura.ne.jp/からhttp://p2n.main.jp/に変更になりました。
本館サイトへのリンクが404になっている場合は、新URLに置き換えてアクセスしてみてください。
FC2ブログの大型メンテにより、過去記事の「~」などが「?」と文字化けしています。
記事によっては紛らわしくなっているかと思いますが、脳内補正をお願いします。
リンク
管理人とのコンタクト
ご意見などありましたら
こちらからドーゾ。
2011年07月17日
【3DS】 ニンテンドー3DSを購入しての感想

あえて記事にするのを遅らせてましたが、7日に3DS本体を購入しましたー!

今までは本当にプレイしたいソフトが来るまで購入はしないつもりでした。

ゼルダの伝説時のオカリナ3Dが発売された時は心が揺らぎましたが、
時オカはWiiのVCがダウンロード済みで、
どちらかと言うとムジュラの方を携帯機でプレイしたかったので
結局3DS本体を買うには至りませんでした。

が、その心の揺らぎが収まる前に
お財布に余裕が出来たので、重い腰を上げてついに購入。

もう少し待てばフレアレッドも購入できましたが、
好きな色が一番ということでコスモブラックに。

性能などは他所で多く語られていると思うので
私の方からは特に言うことはありません。

3Dに関しては、店頭の試遊台で触れた時は
これは目が疲れるな…と思っていたのですが
実際に自由に手にとって遊んでみると、
目が慣れたのか全然疲れを感じなくなりました。


ソフトの方は時オカではなく、
戦国無双Chronicle(以下無双)とバイオハザード ザ・マーセナリーズ3D(以下バイオ)。
無双は中古で1800円、バイオは新品で3800円くらいだったかな。

どちらも本体を買ってから通販で注文したので、
その間は3DSソフトが無い状態だったんですが、
3DSソフトが無いにも関わらず、VCや内蔵ソフトだけで
ソフトが到着するまでの間を楽しむことができました。

ニンテンドー イーショップで
奥行きのある「ゲームセンターCX」も観れます(笑)

VCの「ドンキーコング」は紹介映像だけ観ると
ただのFC版ドンキーコングの移植か…と思うかも知れませんが、
あれは懐かしくてニヤリとさせる演出のためのステージで、
実際はFC版ドンキーとは比べ物にならないくらいの
パズル(?)アクションゲームになってます。
あの紹介映像は宣伝として凄く勿体ないと思う。
ドンキー面白いよ!

実は発売当時にプレイ済みで今でもソフトを持っているんですが
GBのソフトは3DSでは起動できないのでVCで購入しました。
ロックマンワールドはつい最近プレイしたばかりだったのでいずれ。

VCではどこでもセーブ・ロード機能と中断セーブ(自動)が可能なので
難しくてクリアできずにいたソフトを買い直すのも良いかも知れません。

VCの良かった点・不満に思う点
【良かった】
・どこでもセーブ・ロードができる
・中断があるので前回終了したところからすぐ始められる

【不満】
・キーコンフィグがない
・カラーではないゲームボーイのソフトで色を変えることができない
 (※初代ゲームボーイ本体のように緑っぽくすることは可能)
・プレイ中に画面のサイズを変えることができない
 (※起動時には変更可能)

不満な点はバージョンアップで解決されることを願います…。


そして無料で配信されている、
「3Dクラシックス エキサイトバイク」と「ポケモン立体図鑑BW」。
(エキサイトバイクが無料なのは7月31日まで)
エキサイトバイクの方は殆どそのままの移植なので、
ポケモン立体図鑑BWの紹介だけ。

バトレボのように3DになったBWのポケモンたちを
ぐりぐりと好きな角度から眺めることができます。
また、Aボタンを押すと、決めアクションをしてくれます。

図鑑はいつの間に通信で一日三匹ずつ受信されますが、
ワイヤレス通信で受け渡しすること(送ったらいなくなる交換ではない)もできます。

BW本編の図鑑にも載っているポケモンの説明や高さ重さだけでなく、
ポケモンの強さ(種族値のようなもの)や覚えられる技なども見ることができます。

色々と素晴らしいソフトですが、
一日三匹ずつしか埋まらないというのと、交換がワイヤレスでしかできないのは残念。
NDSのBWと連動して図鑑を埋めることができれば嬉しかったのですが…。
それでも、これで無料というのは驚きです。


NDSソフトもプレイしてみました。

まずバンブラ(DX)。
スライドパッドと十字ボタンのどちらでも操作できますが、
スライドパットはやはり連打などには不向きで、
十字ボタンは位置が低いために演奏し辛かったです。
音に関しては高音が結構割れてるような気が。
イヤホンを付けて聴いてみると、パンがハッキリしすぎていたり。
パンがハッキリしてるというのは悪い意味だけとは限らないですが。

次に流星3。
フィールドでの移動はスライドパッドで快適でした。
バトルでは十字ボタンの方が入力が確実にできます。
ただこれも位置が…。

画面のサイズも3DS用の大きさにするとぼやけてしまうので
ドット絵が映えるゲームで、ドットが好きという方には辛いかも。
ドットバイドットでは小さいので物足りないですし、
NDSソフトはやっぱりDSiでプレイした方が良いと思いました。
逆に、ボクタイDSは3DSに合いそう。

※これはドット絵大好きでアクションゲームをメインに遊ぶ私個人の感想です。
3DS用『グリップスタンド』の装着後もプレイしました。


通販で購入した3DSソフト二本の感想は別記事にて。
関連記事


ゲーム全般 | 2011/07/17(日)



  1. 無料アクセス解析


管理人:たぼ