最新の記事
カテゴリー
人物紹介
たぼ(中の人)
ロックマン全シリーズのファンです。
座右の銘は「無いのなら 自分でつくろう タボトギス」。

アイリス
ロックマンエグゼの真のヒロイン。
アニメでのCVは仙台エリさん。
リンク
管理人とのコンタクト
ご意見などありましたら
こちらからドーゾ。
2010年08月01日
2D版流星ゲー制作メモ Part50

【今回の更新内容】
・ハープ・ノートのパルスソングを実装した
・パターンを連動、調整した


■パルスソングについて
ランダムでピンク、ブルー、パープルのハートを前方に発射します。

ハートがロックマンに当たると以下の効果が付きます。



ピンク:一定時間「混乱」状態になり、左右移動の操作が逆になる。
    また、混乱状態になっている間は、シールドが発動できない。




ブルー:一定時間「盲目」状態になり、ハープ・ノートが見えなくなる。(ダメージは食らう)




パープル:一定時間「移動不可」状態になり、左右移動、ジャンプができなくなる。


混乱>盲目>移動不可 の順で持続時間が長くなっています。

混乱と盲目はそれぞれ上書きされます。(効果が二つ同時に発動することはない)

同効果が連続して発動した場合、混乱と盲目は持続時間の計測がリセットされますが
移動不可は連続して発動してもリセットされません。
これは当然、ずっと移動不可になってハメられるのを防ぐためです。


これでハープ・ノートの動作は完成です!

行動パターンがランダムなので、今のところブライより強いです(笑)
ブライは後々ランダムパターンに変更すると思います。

毎度思うけど、ロックマンの方に向かってジャンプさせるのって大変。
ロックマンのX座標を敵に読みとらせて、
その場所によってジャンプ力などを調整させないといけないし。
再現方法は分かるけど、それを入力するのが面倒なんですよねぇ。
条件による分岐や、ランダムの中の確率の調整とかも面倒ー。
複雑な動きになるほど、行も増えて行く・・・。
関連記事


自作ゲーム 2D版流星のロックマン | 2010/08/01(日)





    管理人:たぼ