最新の記事
カテゴリー
人物紹介
たぼ(中の人)
ロックマン全シリーズのファンです。
座右の銘は「無いのなら 自分でつくろう タボトギス」。

アイリス
ロックマンエグゼの真のヒロイン。
アニメでのCVは仙台エリさん。
ちょっとお知らせ
本館サイトのアドレスがhttp://cocoroco.sakura.ne.jp/からhttp://p2n.main.jp/に変更になりました。
本館サイトへのリンクが404になっている場合は、新URLに置き換えてアクセスしてみてください。
FC2ブログの大型メンテにより、過去記事の「~」などが「?」と文字化けしています。
記事によっては紛らわしくなっているかと思いますが、脳内補正をお願いします。
リンク
管理人とのコンタクト
ご意見などありましたら
こちらからドーゾ。
2014年05月26日
Xoverゲー制作メモ Part3

進歩状況をまとめておきます。

■プロローグを追加

xover_1.png

ゲームを開始すると、Xoverのストーリーを説明するプロローグが入ります。


xover_2.png

カリンカちゃんも登場。

原作(Xover)では、OVERくんに有無を言わさずミッションへ投入していましたが、
その辺りは少し変更し、協力を仰ぐ形にしました。
(それでもOVERくんは原作でセリフを発したことが無いのでこちらでも無言ですが)


■ステージセレクト画面を一新

xover_3.png

カリンカちゃんの大きめのグラフィックを使用したかったので、
「ロックマン2 ザ・パワーファイターズ」を参考に、ねじ込んでみました。
各ボスにカーソルを合わせると、特徴などを教えてくれます。

黒くなっている枠には、ラッカ卿が入る予定です。
前回の記事で、カース・テラーは「マン」が付かないので──と言いましたが、
このインターフェイスだと、「マン」が付かなくても違和感無いので大丈夫そうです。
(カース・テラーは、元々ワイリーステージ向けのボスなので、予定通りそちらに実装します)


■アーマーチェンジシステムを採用

2014y05m23d_012702965.png

作業量が増えるのでOVER-1だけでいいかなーと思っていたのですが、
それではやはり味気が無いので、結局実装しちゃいました。

戦闘中にスタートボタン(Enterキー)を押すことで、アーマー選択画面が開きます。

アーマーは属性が特化された、OVER-6(火)、OVER-7(水)、
OVER-8(風)、OVER-9(雷)の四つを採用しています。
(画像の左端はOVER-1です)

2014y05m23d_012706833.png

アーマーを選択すると見た目もガラリ。

属性アーマーにはそれぞれ固有の能力が付加されます。
能力は下記の通りです。

OVER-6…ダッシュで炎が発生
OVER-7…ダッシュでバリアが発生
OVER-8…エアダッシュが可能
OVER-9…空中静止が可能

攻守に影響するOVER-6、7、機動性に影響するOVER-8、9…と別れています。

各アーマーの攻撃技については、次回の更新で。

---------------------------

敵のドットは、アーケードマン、ダルマン、ダイスマン、タブレットマン、カース・テラーの5体用意出来てます。



アーケードマンの召喚キャラも含めると結構な数に。
これでもまだ1/4くらいかな。

ボスのドットを描いてる途中でアーマーの実装が確定したので、
そちらの準備に時間がかかってしまいました。

ゼアーをプレイアブルキャラにする案もあるので、そちらも苦労しそう…^^;

自作ゲーム RMXOR | 2014/05/26(月)

2014年05月03日
Xoverゲー制作メモ Part2

現在はゲームに使うグラフィックを準備中です。



再びタイトル画面。
「ロックマン クロスオーバー R」になりました。
Rには「Remake」や「Retro」等、複数の意味が込められてます。




ステージセレクト画面。
現状で予定しているボスコンキャラはこんな感じ。

「カース・テラー」は○○マンではないのと、本来は大型キャラということで、
ワイリーステージボスに移動し、カース・テラーがいる右下の位置には
代わりに別のボスを登場させる予定です。




ステージを選択した後は、Xoverと同じ画面になります。




戦闘画面。
バトルメモリーシステムの導入など。(イメージです)

ボスのライフゲージの表示自体は28メモリですが、
これもXoverと同じく見た目の値以上の最大値を設定出来ます。




ボスのドットは四体まで完成。
OVER-1の隣から、ダイスマン、タブレットマン、
アーケードマン、カース・テラーを召喚する謎の黒ボディロボットとなっています。

ゲームに実装されているのはアーケードマンのみで、
それ以外は全てパターンから構築しないといけないので大変です。

実装されているアーケードマンでも、パターン数は少なく、
召喚するキャラも体当たりするだけでしたが、
一体一体固有のアクションを取るようにする予定です。



1942の「P-38」、魔界村シリーズの「アーサー」、
ヴァンパイアシリーズの「モリガン」、ストリートファイターシリーズの「リュウ」。
登場予定のキャラはまだ二体ほどいます。

モリガンは「ROLLちゃん」より先に登場しそうな予感…(笑)


クロスオーバーということで、各ロックマンシリーズのロックマン達も登場させるつもりですが、
実装したい事が多すぎて、またまた長期プロジェクトになりそうです;

自作ゲーム RMXOR | 2014/05/03(土)



  1. 無料アクセス解析


管理人:たぼ