最新の記事
カテゴリー
人物紹介
たぼ(中の人)
ロックマン全シリーズのファンです。
座右の銘は「無いのなら 自分でつくろう タボトギス」。

アイリス
ロックマンエグゼの真のヒロイン。
アニメでのCVは仙台エリさん。
リンク
管理人とのコンタクト
ご意見などありましたら
こちらからドーゾ。
2015年08月19日
Xoverゲー制作メモ Part14

今回も「バトルタワーモード」の動画になります!


Fan Game / RMXOR - VS. Black Zero




ロックマン Xoverにもスペシャルワールドのボスとして登場した「ブラックゼロ」です!
ロックマンX5の覚醒ゼロを大幅に強化、色々詰め込んだキャラになってます…!

パターン分岐を多めにしたので、動きが読み難く、苦戦を強いられることでしょう。
今回もデモ版を公開していますので、是非戦ってみてください~。
デモ版の公開は終了しました。プレイして下さった皆さんありがとうございました!

自作ゲーム RMXOR | 2015/08/19(水)

2015年05月18日
Xoverゲー制作メモ Part13

アーケードマンの記事が完全に更新するする詐欺になってしまい申し訳ありません!
今回もアーケードマンの記事では無いです!><

今回は、前回の記事で少しご紹介した「SSBロックマン」の動画になります!


Fan Game / RMXOR - SSB Rockman(Beta)



こんな感じで、スマブラっぽい動きができるキャラになってます。

SSBロックマンはXOR本編のクリア後に出現する
「バトルタワーモード」にて使用可能になります。

バトルタワーモードでは、本編のボス(Xoverボスコンのキャラやネロ・Lをはじめとするビアンコナンバーズ)の他に、これまでに紹介したサンゴッドやパンドラ達も登場しますので、お楽しみに!

-----------------------

更新するする詐欺で申し訳ないので、ちょっとだけアーケードマン戦の画像を…。





他にも様々なキャラクターが登場します!


自作ゲーム RMXOR | 2015/05/18(月)

2015年02月26日
Xoverゲー制作メモ Part12

【今回の更新内容】
・タブレットマンを調整
・ダイスマンを調整
・プレイヤーキャラの動作を調整
・SSBロックマンを実装

>タブレットマン
タブレットマン戦紹介記事
主に前回の記事の紹介していなかった部分ですが、技と地形の変更を行いました。



部屋はこんな感じ。
ベルトコンベアを追加し、タブレットマン自身や
タブレットマンが召喚する敵などが移動するようになりました。

当然プレイヤーキャラも移動してしまうので、
攻撃に集中して移動の操作が疎かになると接触によるダメージを受けてしまいます。

技についてはまた別の機会で…。

>ダイスマン
ダイスマン紹介記事
ダイスマンはダイスボム以外の技の追加などを行いました。
体当たりは初期から実装していましたが、衝撃波による攻撃の追加なども。

>プレイヤーキャラの動作
各アクションを見直し、細かい調整を施しました。
チャージショットが画面内にある時は豆弾が撃てないようにしたり、
豆弾連射による難易度の低下の対策、ジャンプ力の変更などなど。

>SSBロックマン








やっぱりファーストロックマンも使いたいよねってことで、実装しました。
キャラ性能の差別化のため、普通のロックマンではなくスマブラ仕様のロックマンになっています。
SSBロックマンはクリア後の要素の一つなので、詳細は後々。

最近はSSBロックマンの方で時間を取られてしまいましたが、
アーケードマンの方も順調に出来上がってきています。

…というわけで、次回はアーケードマンの紹介になると思います!

自作ゲーム RMXOR | 2015/02/26(木)

2015年01月12日
Xoverゲー制作メモ Part11

【今回の更新内容】
・マンザイマン実装
・ダイスマン実装

>マンザイマン
マンザイマンはXoverの日本全国ご当地ボスキャラクターコンテストで受賞された
サトシさんのキャラクターです。 ⇒詳しくはこちら




マンザイマンは舞台上から動かず、その場で攻撃し続けるのが特徴です。
ツッコミシャウトは、全5種類に増やしました。




ギャグポーズを見てしまうと、プレイヤーキャラが凍結状態になり、
そのまま次の攻撃でダメージを受けてしまいます。


>ダイスマン
ダイスマンはXoverのボスキャラクターコンテスト(第一弾)で佳作に選ばれた
アカオニさんのキャラクターです。 ⇒詳しくはこちら




ダイスマンが投げるダイスボムは、出目によって爆風が変化します。




広範囲攻撃!

-------------------------

その他、チャージショット発動後の豆弾発射制限、
OVER-8のトルネードショットの仕様変更(多段ヒットしやすく)、
OVER-8のダッシュモーション変更、
ゼアーのダッシュジャンプからの二段ジャンプ制限など、細かい変更を加えています。
それと、ライディングモードはもしかしたら完成版では削除するかも…。

ステセレで確認出来るボスも残るは後4体!
次回はいよいよXoverボスコン最優秀賞キャラクター「アーケードマン」です!

自作ゲーム RMXOR | 2015/01/12(月)

2015年01月05日
Xoverゲー制作メモ Part10

新しい動画をアップしました。

Fan Game / RMXOR(Demo) - OVER-1 VS. Pandora(Copy)



今回は、前回のサンゴッドと同様に
別モードに追加する予定のキャラとの戦闘動画です。

今回実装したのは、ゼクスシリーズの「パンドラ」。
パンドラと言えば、プロメテと一緒にいることが多いイメージですが、
ゼクス一作目では、パンドラ単体と戦うこともあります。

ゼクスはニンテンドーDSのタイトルのため、ドットのサイズも異なりますので、
改めて必要なグラフィックを全て描き直しました。
結構な枚数だったのでしんどかったです…(笑




パンドラは攻撃する技のタイプに合わせて、無属性から雷属性、氷属性に変化します。

この属性は、こちらの攻撃する技にも反映されますし、
逆に苦手な属性だと被ダメージ量も大きくなります。

パンドラの技は原作と同じく五種類、
ロッドに乗って左右に移動しながら上昇する「フライングアタック」、
プレイヤーに向かって方向を変える「ホーミングプラズマ」、
頭に付いている二つのビットを使って電流を流す「エレクトリックライン」、
氷の人形を作って打ち出す「アイスドール」、
頭に付いている二つのビットを使って氷の刃を放つ「コールドレイン」です。

パターンはある程度規則性があります。(これを調べるのも結構大変でした)
…が、記事にパターンの詳細を全てを書いてしまうのも楽しみが半減すると思うので伏せます。

今回の動画ではお見せ出来なかったゼアーでのパンドラ戦ですが、
ゼアーで戦うと攻撃出来るチャンスが少ないので、上手く隙を見つけないと苦労するかも…?


動画はパンドラ戦のみの紹介でしたが、
ゲーム内には新たにアーマー入手画面を実装しました。

元々はボス戦終了後のステージセレクト画面で
テキストだけ流れるという演出(演出というほどでもない)を考えていましたが、
やはり専用の画面があった方がいいかなと。




画面はこんな感じ。
カリンカちゃんはアニメーションしてます。
テキストはまだ仮のものなので、今後変更するかも。

ちなみにアーマーは、研究所に残された設計図を頼りに、
カリンカちゃんがライトットと協力して作り上げたという設定にしています。


それから最後に──

動画のタイトルが「RMXOR」となっていますが、
ゲームのタイトル自体を「RMXOR」に変更しました。

元々は「ロックマン クロスオーバー R」というタイトルにしていましたが、
ロックマンというより敵しかクロスオーバーしておらず、
今後の制作内容的にも、歴代のロックマン達が出るシーンは、現状ではほぼ無いので。




タイトルロゴも変更しました。
だいぶシンプルになってしまいましたが、まあ仕方ない。

--------------------

最近は別モードのボスばかりだったので、そろそろ本編の方に戻ります(`・ω・´)
タブレットマンはもう少し強化したい…。



自作ゲーム RMXOR | 2015/01/05(月)

2014年11月30日
Xoverゲー制作メモ Part9

新しいプレイ動画をアップしました!


Fan Game / Rockman Xover R (Demo) - Zehr VS.Sun God(Sun Star)



今回は、過去の記事に画像だけ載せていたキャラクター、
「ゼアー」を操作したプレイ動画になります!

ゼアーはダルマンと同様にボスキャラクターコンテストで審査員賞を受賞し、
バトルメモリーとしてXoverに実装されたキャラクターですが、
こんなにキャラが立っているのにバトルメモリーだけで終わらせるのは勿体無いということで、
XOR制作当初から実装を検討していました。

ゼアーの実装自体は、ペンギーゴ戦の動画を公開した時点で済んでいたのですが、
隠しキャラのつもりでしたので、記事での情報は出さないままでした。
しかし、ゲームの構成的に隠し要素と出すより
最初からプレイキャラを選択出来る形式の方が良いと思いましたので、
調整を挟みつつ、今の形式へ…!

ゼアーのアクションについては、動画をご覧頂くのが早いと思いますが、
記事としてもまとめておきます。

■ ゼアーのアクション
ゼアーは、バスターによる遠距離攻撃がメインのOVER-1とは違い、
ソードによる近距離攻撃がメインになっています。

基本は、ロックマンXシリーズのゼロと同様に地上で三段斬りが出来、
加えて、威力は低いですが遠距離攻撃であるソニックブームを放つことも出来ます。




また、ゼアーの公式イラストをよく見て頂けると分かるかと思いますが、
左腕に装着されているアームパーツ部分には、銃口も描かれており、
XORでもバスターによる攻撃が出来るようになっています。



バスターの射程距離は短く、チャージにも時間がかかりますが、
その分ダメージソースとしても有効な技です。

ゼアーは二段ジャンプも可能なので、敵の攻撃を避けるのも楽だったり
機動性が高いキャラになっています。




ゼアーのステータス画面はこんな感じ。
中央のバトルメモリーの部分が塞がれています。

…ゼアーはバトルメモリーが使用出来ません!(ショップでの開発も不可)

上級者向けのキャラクターですが、敵のパターンを見極めれば
バトルメモリーやアーマーを必要としない程の力を秘めています。

名前の表示が「ロックマン」になっている理由については、【こちら】を。
オリジナルデザインのTAKA-Fさんによるファンコミックです!

■ サンゴッド戦
CAPCOM SPECIAL SELECTION ロックマン クロスオーバー」に
ロックマンワールド5のサンゴッド戦のBGM、「SUN GOD」のアレンジが収録されていたのですが、
結局Xoverにサンゴッドは実装されず、そのままサービス終了の発表※がされてしまったので、
今回特別に実装しました。

※公式サイト及び、ゲーム内お知らせにて、
2015年3月末を持ってサービスを終了することが発表されました。
ユーザーさんが今後の展開について運営を担当しているアドウェイズに問い合わせたところ、
現時点では新たなイベントを開催する予定も無いとのこと。



サンゴッドは「ROLLちゃん」にて既に実装していましたので、
コツコツとXOR用に移植しました。若干動きは異なります。

また、ラウンド毎に(サンゴッドの残りライフによって)背景が変化する要素を追加しました。



1ラウンド目。





2ラウンド目。





最終ラウンド。

今度は、宇宙で決戦だ!


動画ではノーダメージで撃破していますが、
こちらの攻撃を当てて技の発動を阻止しないとダメージを受けてしまいます。



穴に落ちてしまうと、そのままティウンするので足場には注意が必要です!

-------------------

完成版ではサンゴッドは本編とは別のモードにて戦えるようにする予定です。
そちらのモードで戦えるボスは、これからも色々追加しようと思っています。

自作ゲーム RMXOR | 2014/11/30(日)

2014年11月06日
Xoverゲー制作メモ Part8

すっかり月イチ更新になってしまっていますが、ゲーム制作は進めてますよ!

今回は動画はありませんが、
仕様変更や新規実装をいくつか行ったのでまとめておきます。


・オプションに「連射」、「オートチャージ」を追加

 

こんな感じ。

Flashゲームということでキーボードでのプレイが主流になると思いますので、
このサポートの恩恵は大きいかなと思います。
連射はライディングモードでも有効です。


・アタックプラス装備中やATK UP発動中はバスターの形状が変化

画像無しです。すみません!

OVER-1の攻撃力によって、技のエフェクトが変化します。
変化するのは、通常、アタックプラス1枚装備、アタックプラス2枚装備、ATK UP発動時の
4つの状態ですが、アタックプラスを2枚装備した時と、
ATK UP発動時の形状は今のところ同じです。


・特定のバトルメモリーを装備することでリミットメモリー効果がパワーアップ

バトルメモリーの種類についてはまだまとめていませんが、
ダメージを受けた時の無敵時間が伸びる「ダメージバリア」の装備中に
一定時間無敵になれる「SLOW」を発動すると、無敵時間が更に伸びたり、
ライフエネルギーを取得した時に回復量が増える「スーパーリカバー」装備中に
一定時間ライフが自動で回復する「HEAL」を発動すると、そちらの回復量も上がる
…といった具合に、付加効果を追加しました。


・ショップの追加



ライディングモードなどで手に入るクレストを消費して
アイテムを開発することができるショップを実装しました。

前回の記事でご紹介した通り、ボス戦でピンチの時に手に入るリミットメモリーは
こちらで購入出来、ストックすることが可能になります。

リミットメモリーは使いきりアイテムですが、
その分強力なので少し高めの値段設定にしてあります。
(値段については装備アイテムであるバトルメモリーとの兼ね合いで変更になる可能性もあります)

ちなみにカリンカちゃんがロールちゃんより少し大きいのは、
カリンカちゃん(ロボットではなく人間)の成長を表しているとかいないとか。


・ボスキャラ「タブレットマン」の追加
タブレットマンはXoverのボスキャラクターコンテストで受賞された、
だいかえんさんのキャラクターです。
詳しくはこちら

今回はタブレットマン戦を画像でちょこっとだけご紹介します。



アプリ「メットール」を発動!
ツルハシで衝撃波を発生させる「ロックマン エグゼ」シリーズのメットールです。

OVER-1ピンチ…!




続いてのアプリは「ドラゴンコインズ」!

ロックマンとは全く関係が無い様に見えますが、
実はこのドラゴンコインズ(ドラコイ)、Xoverとコラボしていたんです。
⇒コラボの詳細は【こちら】と【こちら

今回タブレットマンが呼び出すのは、「シエンノミコ」の進化モンスターである「ヘラ」です。
ゲーム内では高火力・良スキルで大活躍し、数少ない究極進化可能なモンスターでもあります。
⇒シエンノミコ、ヘラの詳細は【こちら


この他にもタブレットマンは様々なアプリを駆使して、多彩な攻撃を仕掛けてきます。

---------------------

最近は色々とシステムの調整の方で時間を取られてしまいましたが、
残りのボス達も気合いを入れて実装して行きます!(`・ω・´)

自作ゲーム RMXOR | 2014/11/06(木)

2014年10月09日
Xoverゲー制作メモ Part7

あまり記事を更新出来ていなかったので、
進歩状況の報告も兼ねて動画をアップしました!


Fan Game / Rockman Xover R (Demo) - VS. Daruman



今回の動画では、前回の記事で紹介した「ライディングモード」と、
Xoverオリジナルキャラクターである「ダルマン」との戦闘が確認できます。


■ ライディングモード
強制スクロール画面で、エアバイクに乗ったOVER-1を操作し、
トラップをかい潜りながら敵を倒して、ボスのいるエリアに向かう
シューティングアクションモードです。

本ライディングモードは、ロックマンシリーズのステージというより
ゲーム内でアイテム開発に必要な「クレスト」を集めるための
ミニゲーム的な位置づけになっているため、ステージの長さは短めです。
(動画では調整中のデモ版のため、更に短いです)

アクションには、ジャンプやショットなどの基本的な操作に加えて、
ロックマンX4のライドチェイサー「アディオン」に実装されていた
「ドライブブレード」のようなものを追加しています。

ドライブブレード発動中は無敵でトラップを回避することができるだけでなく、
発動中に接触した敵には通常のショット攻撃よりも高いダメージを与えることができます。

クレストは前回の記事で紹介した丸いアイテムを取ることで増加しますが、
敵を倒しても得点のようにクレストが増加していきます。
現在は、連続で敵を倒した場合にコンボとして更にクレストが増加する仕様を検討中です。


■ ボス戦
ライディングモードをクリアすると、ライフなどの状態を引き継いだままボス戦に突入します。

ボス戦は今まで公開した情報通り、ロックマンXシリーズと同様の
ダッシュや壁を使った三角とびが使用可能。

プレイヤーのライフは28メモリで固定ですが、ボスはそれよりも多いです。
アーケードのロックマン二作(パワーシリーズ)のように、
対戦する順番によってボスのライフを増加していくことも検討しているので、
ライフ量については後々変更になるかも知れません。

【リミットメモリー】
ボス戦では、バトル中に一回だけボスがアイテムを落とします。



このアイテムは「リミットメモリー」と言って、これを取ると
一定時間プレイヤーキャラが限界を超えてパワーアップすることができます。

パワーアップ効果は、攻撃力が上がるもの、
防御力が上がるもの、チャージ速度が上がるもの等様々で、
エネルギーを回復したり、無敵状態になることも可能です。

このリミットメモリーは、ボス戦で手に入れた時はその瞬間に効果が発動しますが、
カリンカちゃんのいる研究所でクレストを使って開発することで
ストックすることが可能です。


【バトルメモリー】
こちらは後々紹介していく予定ですが、
バトルメモリーは装備することでプレイヤーキャラがパワーアップするアイテムとなっています。

リミットメモリーは複数同時に発動することが出来ません(上書きされます)が、
こちらは最大二種類まで装備可能で、常時効果が発動します。
(装備できる数は変更になる可能性もあります)

バトルメモリーとリミットメモリーを組み合わせることで、
プレイヤーキャラをよりパワーアップさせることが可能になります!

【VS.ダルマン】
今回の動画に登場するダルマンは、
Xoverのボスキャラクターコンテストで受賞された、みすけさんのキャラクターです。
詳しくはこちら

ダルマンの技は今回実装するにあたってアレンジをさせて頂きました。
オイルを含んだインクを飛ばす「ドローインアイ」、
ハンマーを振り下ろして地面を揺らし、その衝撃で瓦を飛ばす「ダルマーハンマー」、
七回転んでから起き上がってダルマーハンマーを繰り出す「ナナコロービング」。
実際の動きは動画をご覧ください。

動画ではお見せ出来ませんでしたが、ドローインアイに当たると…



こんな感じに画面いっぱいにインクが広がり、見え難くなってしまいます。
(インクはしばらくすると消えます)


それともう一つ。



以前の記事で言っていたギガクラッシュも見せられなかったので、
とりあえず画像で。

これは静止画で見てもあまり意味無いかも…(笑)

-------------------------

基本的なシステムはほぼ完成したので、
後はボスの方をどんどん実装して行かなければ!


【おまけ】



このシルエットは一体…!?

自作ゲーム RMXOR | 2014/10/09(木)

2014年08月01日
Xoverゲー制作メモ Part6

前回の記事の最後の方に載せたバイクは──




こちら!
(デザインが変わっていますが)

「ライディングモード」で操作することになる、ライドチェイサーのようなエアバイクです。
ライディングモードとは、8ボスのステージの道中部分を実装するために追加した
新たなモードで、これをクリアすることでボスと戦えるようになります。

やはりステージはあった方が良いですもんね。

画像では、流星のロックマンの「モエローダー」と、
ファーストロックマンの「アパッチジョー」が確認できますが、
これは、様々な世界が交錯するクロスオーバーワールドを再現したためです。

ライディングモードのために、全てのシリーズからザコ敵を選出し、ドット化しました。
DASHシリーズや流星シリーズの敵も、モエローダーを含む複数の敵をドット化しています。



DASHはこんな感じ。
(DASH2より、フロンゲル)




そして、最初の画像に写っていたこれは「クレスト」です。
クレストはXoverでは課金することで購入できる通貨になっていますが、
本作では、敵を倒したり、道中で入手することが出来ます。
取ると良い音が鳴って気持ちいいです。

貯まったクレストは、カリンカちゃんがいる研究所でアイテムと交換することができます。
アイテムの開発にはお金がかかるんです…!



色々と仕様変更に伴い、ステータス画面も変更。



今まではこんな感じでしたが…





ドン!

変わりすぎィ!

既に実装済みの、一定時間効果が発動するバトルメモリーは、
消費アイテムの「SPバトルメモリー」に変更。

そして、OVER-1と言えばバトルメモリーを「装備」することで強化されるということで、
その再現の意味も込めて、装備アイテムの「バトルメモリー」も追加しました。




顔グラのウィンドウは、このようにライフの状態によってフレームの色が変化します。

顔グラはもちろん実装済みのアーマー全ての分を用意してあります。
これが結構疲れました…(笑)


現在は、各装備バトルメモリーの効果の実装と、ライディングモードの構成の方に着手しています。
それが済んだらいよいよボスを実装!


---------------------------

最後にまた謎の画像を残しておきます。




ズバッ




バシュッ


自作ゲーム RMXOR | 2014/08/01(金)

2014年06月24日
Xoverゲー制作メモ Part5

近況まとめです。




ついに8ボスのドットが揃いました!




黒枠だったボスはラッカ卿になりました。






システム面では、バトルメモリーを実装。
敵を攻撃していると稀にバトルメモリーが出現し、
入手することで一定時間パワーアップ効果が発動します。

バトルメモリーの排出率は、プレイヤーがピンチの時ほど高くなります。
ピンチをチャンスに変えるバトルメモリーシステム!です。

その他、ボス撃破時にパワーファイターズのように
回復アイテムがばら撒かれるようにしたり、細かい変更を加えています。

ギガクラッシュも実装しましたが、発動している様子は次回の動画にて。


------------------




このバイクは…!?






このシルエットは一体…!?


自作ゲーム RMXOR | 2014/06/24(火)

次へ



    管理人:たぼ